>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年モデルランドセル★ミキハウス出産祝いギフト★楽天で家族旅行へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

農業とサラリーマンどちらが楽ですか?

農業とサラリーマン
自分なら二度とサラリーマンには戻りたくありません。

しかし農業とサラリーマンどっちが楽かと聞かれると
個人差がありすぎて答えようがありません。

何故なら好きなことであれば、多少しんどい思いしようが
収入が減ろうが楽しいのです。

高給取りのサラリーマンだとしても、仕事にやりがいが無く全く面白いもの
でなければ、楽ではなく苦るしい毎日でしょう。

ですから農業に逃げ道を求めるのではなく
現在の仕事に満足できているか、楽しいかで判断してください。
転職先の一つとして農業があるのですから。

もちろん農業はサラリーマン時代には味わえないやりがいがあるのも事実です。
スポンサーサイト

2012年モデルランドセル★ミキハウス出産祝いギフト★楽天で家族旅行へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| 失敗しやすい人の質問 | 07:21 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

新規就農して悪かったこと

新規就農して悪かったことは全くないのですが
やはりリスク要因がいくつかあります

・自営業なので体を壊したら収入が途絶える
・天候に収入が大きく左右される
・施設栽培の場合、台風による災害や設備投資費用が大きい
・基本誰も助けてくれない(技術面、資金面ともに最後は自分しだい)

今のところ上記のリスクを負ったことはありませんが
今後必ずあり得るリスクではあります。

そういったリスクにも耐えうる経営体力を付けるには
値段のいい当たり年に蓄えをいくら出来るかにかかってきます。


>>農で起業する!
>>憧れの田舎暮らしはこちら
>>新規就農関連はこちら

転職ブログランキング⇒



2012年モデルランドセル★ミキハウス出産祝いギフト★楽天で家族旅行へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| 新規就農のメリット・デメリット | 13:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

家庭菜園で野菜を育てるのが上手だから

家庭菜園が好きだから、家庭菜園が得意だから
農業で生計を立ててみたい。


これは農業を始めるまでは感じることが出来なかったのですが
家庭菜園=農業ではないということです。

最近テレビでも市民農園で農業を始めて見ませんか?
といった特集があったりします。

しかしそれは家庭菜園であって、農業ではないのです。

農業経営は大きな失敗は許されませんし、
品質や収量は最大を目指さなければいけません。
家庭菜園であれば曲がっていても、虫が食っていても、数が少なくても
誰も困りません。あくまでも趣味の範囲です。

家庭菜園の延長上に農業があると思っている方には
脱サラ・新規就農についてもう一度よく考えることを勧めます。


自分の中では、むしろ家庭菜園を知らない無垢の状態で新規就農
するほうが農業に対して素直に取り組めると考えます。

>>農で起業する!
>>憧れの田舎暮らし
>>新規就農関連

転職ブログランキング⇒

2012年モデルランドセル★ミキハウス出産祝いギフト★楽天で家族旅行へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| 失敗しやすい人の質問 | 08:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>


-----◆◆ 夏のお出かけグッズ特集 ◆◆---- ----◆◆ 家族旅行へ行こう ◆◆----
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。